施術メニューと料金

▶︎

▶︎ご挨拶

»

ご挨拶

竹中芳夫

はじめまして、竹中針灸院の竹中芳夫です。

 

私は一人一人の患者さまの不安を取り除くためには、わかりやすい説明をし、つらい症状を改善するための丁寧な治療をすることが、針灸師として一番大切な事として考えています。

 

人の身体は、機械ではありません。一人一人が異なります。同じように見える症状も千差万別です。どんな時でもその人の身体に応じた丁寧な治療を行っていきます。

 

私の治療の基本は触診です。

「触診…皮膚に現れる体内の好調、不調を感じ取り、見分ける技術」針灸師の治療技術の大部分を占めるのが触診だと思っています。

 

患者さまの体を押さえたり、触ったりしながら、どこに障害があるのかを診ていきます。

そして、治療の効果の確認なども手の感覚で行います。

 

体表面の固さや質感などはCTやレントゲンなどの画像では投影されません。

もちろん様々な検査の数値も大切ですが、たとえ数値が正常であっても、実際に患者さまが症状を訴えられることも多々有ります。数値では測ることのできない部分を触診で判断していくのです。

 

左右の手の感覚で、頭の骨の捻れや筋肉の張り方の違い、背骨の歪みなど様々なことを感じ取り、骨格診断をして症状と照らし合わせツボを決め、手技や針で治療をしていきます。

そして人が持っている自然治癒力を引き出し、自らの持つ力で病気を治し、心身共に元気に歳を重ねて頂けるように手助けをしていきます。

患者さまと二人三脚で頑張っていきたいと思っております。

 

院長 竹中芳夫