治療

▶︎

▶︎治療

»

治療(2)

少しでも多くの方に元気に年を重ねて頂きたいとおもいます

・薬を飲んでいるが、症状が変わらない方

・検査でどこにも、異常がでないが不調な方

・手術をすすめられている方

・手術をしたが痛みが無くならない方

病気は「気」のバランスが乱れる事で起こると考えます。

凝りや痛みなども、その場所の気の流れが悪くなっている状態です。

その原因としては、様々な疲労の蓄積であり、ほとんどが日常生活の中にあると考えます。

皆さまが、日常あたりまえと思っている事が、すごく体に無理をかけている事が多いです。

食生活の乱れ ー 暴飲暴食・食品の隔たりや冷たい物、なま物、刺激物の取り過ぎが内蔵への負担をかけます。

体のゆがみ ー 仕事や趣味・くせなどを長時間、同じ姿勢を続けると骨が筋肉に負担をかける。

精神的ストレス ー 心・頭に負荷をかける。

これらの事で不調が徐々に病気へと進んでしまいます。

治療中にどういった生活を送っているかを尋ねることがあります。

治療について